日本に輸入されたトマトケチャップ

日本に輸入されたトマトケチャップ

トマトケチャップが日本に最初に輸入された時期は、ハッキリとは分かりませんが、開発された時期から考えると明治中期頃だったと思われます。ちなみに日本に輸入されてからのトマトケチャップの歴史は、1903年(明治三十六年)に横浜の清水與助氏が日本で最初のケチャップを製造販売し、1908年(明治四十一年)には、カゴメ創業者の蟹江一太郎氏がトマトケチャップの製造販売…という道を歩んでいます。これらのことからもトマトケチャップは、明治の末期には日本に存在していたことが分かります。では、日本の洋食屋でトマトケチャップはすぐに使われていたのでしょうか?