日本でのトマトケチャップの製造販売は

日本でのトマトケチャップの製造販売は

日本に最初にトマトケチャップが輸入された時期というのは、ハッキリとしたことは分かっていないのですが、しかし、トマトケチャップが開発された時期から考えてみると、これは明治中期頃だったといえるようです。

 

トマトケチャップが日本に輸入されてからの歴史を見ていくと、これは明治36年の1903年に日本で最初となるケチャップが製造、販売されました。トマトケチャップを日本で初めて製造販売したのは、横浜の清水與助氏です。

 

そして、明治41年1908年には、蟹江一太郎氏がトマトケチャップの製造、販売するという道を歩んでいて、ほぼ同じ時期にどちらもトマトケチャップを製造、販売しています。ちなみに蟹江一太郎氏は、現在もあるカゴメの創業者であります。こういう事を見ていくと、トマトケチャップは、明治の末期には、すでに日本に存在し、製造、販売をされてていたことが分かります。しかし、では、このように明治の末期には、すでにトマトケチャップ存在していたとしても、それがすぐそのまま日本の洋食屋さんで使われたのかというと、どうでしょうか?