明治のトマトケチャップ

明治のトマトケチャップ

「外国産」というと、日本では、どうしても安いイメージを抱きやすいのですが、しかし、当時のトマト・ケチャップは高級品であり、今のように値段が安くて、誰でも手に入りやすいというような大衆向けの調味料というものではありませんでした。

 

竃セ治屋は明治時代から輸入販売をしていたのですが、その記録によると、1908年(明治四十一年)のトマトケチャップの値段は、一本三十五銭でした。この頃の物価というと、鯛焼が一個一銭、もりそばが三銭、コーヒーが一杯五銭というようなもので、こうしたことを見ていくと、当時のトマトケチャップは2〜3千円していたことになります。

 

大衆食堂でメニューとして出すには、調味料がこのくらいの値段がするものは、どうしても難しくなります。なので、外国産がダメなら国産品をと考えるかもしれないのですが、しかし、昔はトマトを栽培しているところは非常に少なかったようです。というのも、昔は、トマトは食品として見られていなかった為です。

 

そして、日本人は、赤色の食材を口にしなかったということもあって、明治期に西洋料理が普及しても、あまり定着はしなかったとのことです。さらに、トマトケチャップは血の色のように思えたということで、一般家庭であまり使われることが無く、保存食として海軍食として使われていたようです。