海軍のナポリタンは

海軍のナポリタンは

ナポリタンの発祥は何になるのかということを見ていくと、日本海軍食が挙げられます。戦前の海軍にとっては西洋料理がメインとなっていて、トマトケチャップは昔から使われていました。長持ちし、簡易に味付けできるトマト・ケチャップは、海軍にかなり重宝されていたようです。しかし、戦前の日本の海軍が、スパゲッティにトマトケチャップをあえていたかは、しっかりとした記述が残されていないので、事実かどうかはわかりません。

 

しかし、昭和七年の1932年に作られた「海軍研究調理献立集」の中では、士官向けの料理ということで、「マカロニナポリタン」という料理が掲載されています。しかし、このマカロニナポリタンという料理は、グラタンに近い料理であり、マカロニにトマトソースとチーズを加えて、それをオーブンで焼いた料理でした。

 

こういう事を見ていくと、海軍食のナポリタンが今のナポリタンの始まりかというとこれは少し難しいことのようで、昭和初期の段階で、そうした料理は存在していなかったようです。そして、この料理というのはどちらかというと、エスコフィエのレシピに近いものだそうです。