ピカタという料理

ピカタという料理

横浜ホテルニューグランドの初代料理長・サリ―ワイル氏は、当時、ヨーロッパ料理界で大流行していたエスコフィエの影響を大きく受けていました。そして、ニューグランドでは、「Le Guide Culinaire」に書かれている料理を提供していました。

 

元「日活国際ホテル』総料理長の馬場久氏は、サリ―・ワイル氏の一番弟子と言われ、ワイル氏がニューグランドで、「仔牛のピカタ・ナポリ風」という料理を出していたと証言しました。これは仔牛のピカタの下にスパゲッティ・ナポリタンを敷いたもので、エスコフィエの「仔牛のカツレツ・ナポリ風」をアレンジしたことはすぐに分かます。

 

「ピカタ」は元々はイタリア料理であったのですが、しかし、ワイル氏はフランス、オーストリア、イタリアとヨーロッパの様々な料理を得意としていました。「ピカタ」は当時の日本では初めて見るもので、ワイル氏のスペシャリティとなったとのことです。

 

蛇足ではありますが、この「仔牛のピカタ」をスぺシャリテにしていたのが、小野正吉氏で、「ホテル・オークラ」時代にもこの料理を得意料理としていました。ピカタの下にトマト和えしたスパゲッティを敷いていたとのことです。

 

ピラティスといえば