ナポリタンが生まれたのは

ナポリタンが生まれたのは

長い間、フランス料理が、西洋料理というイメージの強くあった日本ですが、トマトケチャップを日本に持ち込んだコックは、その経歴た料理のレベルも、いろいろと異なりがあったようで、普段は船に乗っているというコックや上海から流れてきたコックなど、実に様々な人がいました。

 

どちらかというと、上流階級に向けた西洋料理店が多かったのが、明治初期なのですが、次第に、時代を経ると、大衆向けの洋食屋が多く出店するようになりました。こうした大衆向けの洋食屋のメニューは、上流階級向けのお店にある普通のメニューと違っていて、正式なフランス料理のレシピをいくらか簡略化させて、グレードダウンしたものが多く見られました。そして、家庭を中心に特に人気であったのが、誰でも簡単に味付けが出来る
トマトケチャップでした。

 

日本式のナポリタンというのは、トマトケチャップを用いて作ったのですが、しかし、これはパスタのトマトソース和えという本来フランス料理で使われるものを簡略化させた作り方になっていて、生まれたのにはそういう背景があるようです。